女の子@毛深いのは子供でも大きな悩み

思春期の女の子の毛深い悩みは奥が深いので要注意

女の子で毛深いのは親が想像する以上に深い悩みです。
現代では、毛深いといじめられたり、からかわれるケースも出ています。また男子でもからかわれることを理由にムダ毛処理をする時代となっています。本人が気にしないのが一番でしょうが、毛深い女の子はなかり気にいている状態です。

 

我が家の娘も男子から『スネ毛処理しろ〜』などと言われてかなり落ち込んでいたとママ友から聞きショックでした。
親に言えずに堪えていたかと思うと、もっと早くムダ毛処理してあげれば良かったと思いました。
でもムダ毛処理を行い毛深くなくなったら、おしゃれを楽しむようになりました。今までは着ようともしなかったノースリーブーやホットパンツ、ワンピースなどを着て凄く嬉しそうにしている娘をみるのは親も嬉しいです。

 

 

小学生、中学生ですと一番気になる部分は、夏場に露出する腕や足となります。

 

実際、私も中学生時代、脱色、ワックス脱毛、剃刀・・・・と適当に自己処理していました。
一番手軽にできるのが剃刀ですが、皮膚が剃刀負けしていつも、毛が生えてくるとき痒みを感じながらまた剃毛処理をの繰り返しでした。おかげで一時期、おやじのスネ毛のように太く濃くなってしまっていました。

 

毛深いのを悩んでいる女の子の気持ちを察すると、親が処理方法を考えアドバイスするのが一番いいと思います。確かに一番経済的で簡単な方法は剃刀やシェーバーでの剃毛ですが、剃れば剃る程毛が太くなります。
また、子供は皮膚や柔らかいので、薄皮が少し剥けたりしますし、毛が生える時に痒がります。

 

 

思春期でもあり成長期ですのでむだ毛処理はしない方がいいことは十分理解していますが、経験者である私は毛をはやしたまま学校で半袖半ズボンになることは絶対に嫌でした

 

また娘はムダ毛を綺麗に処理するまでは長いジーパンしか履きませんでしたが、ムダ毛がなくなると短パンもはいたりスカートも履いたりおしゃれをするようになりました。

 

このように、思春期の女の子の毛深い悩みは親が想像する以上に相当深いです。

 

 

親という立場から考えると生えたまま放置するのが一番いいと思うのですが、ほっておいても女の子は自己処理すると思いますので、やはり母親が関わり子供に最も負担の掛らない方法でムダ毛処理してあげるのがいいのではないでしょうか?


 

ムダ毛処理する方法は3種類

家庭用脱毛器
今最も注目されている脱毛方法が家庭用脱毛器です。
脱毛サロン並の脱毛が家庭で行える機器です。値段は高いですが、何度も脱毛サロンに通うのでしたら家庭用脱毛器の方が断然経済的ですし、ヒゲ脱毛、眉毛脱毛、美顔器としても使えるので家族全員で使えるのが一番のメリットです。
ですが、子供に使用する場合は親の責任において使うこととなります。

家庭用脱毛器の比較一覧こちら

 


 

脱毛サロン
成長期の子供は毛の成長も著しいですから高額なサロンに通うのはおすすめではないですが、キッズ脱毛を行うサロンもあり実際に脱毛に通う子供もいます。特に女子高生ですとサロンで脱毛するのも当たり前になっているようです。仕上がりは綺麗でしょうが、価格的には一番お金がかかる脱毛方法となります。また、18歳未満ですと親の承諾が必要となります。

子供でも通える脱毛サロンこちら


 

脱毛ローション
一番一般的なのが、脱毛ローションなどを使う方法です。この方法が一番手軽に行える方法となります。また、子供に使用することを考慮して脱毛ローションを購入すると結構高額となります。ですが、腕や足を出す季節に集中して使う以外は使わないような感じでしたらお値段的には一番安く済みますが、何年もローションを買い続けると結構高額となります。

子供でも使えるローションはこちら